スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PuzzlePicnic、ルール翻訳part5

part1
◆BattleShips◆Grades◆Archipelago◆Mintonette◆Tents and Trees
◆Magnets◆Sudoku◆Star Battle◆Master Mind◆Arrows
part2
◆Kakuro◆Water Fun◆Shadows◆Cogwheels◆Alphametic
◆Easy as ABC◆Futoshiki◆Hamilton Maze◆Catwalk◆Diamonds
part3
◆Spokes◆Seethrough◆Fences◆Snakes◆Honey Islands
◆Hitori◆Pathfinder◆Stream Islands◆Staircases◆Panorama
part4
◆MineShaft◆Masyu◆Neighbours◆Fillomino◆Spiral Galaxies
◆Platform◆Disconnect Four◆LITS◆Penta◆Country Road
part5
◆Crossings◆Heterocut◆Skyscrapers◆Numberlink◆Tapa
◆Anglers◆Domino◆Nonogram◆Enlightenment◆Kropki
part6
◆Walls◆Pointers◆Sum Thing
-------------------------------------------

Crossings
ルール:
・すべての白マスを通過する枝分かれのない一つのループを作る。線は交差しても構わない。
・外側の数字は、その列で交差点の入るマスの数を表す。

線を追うのが大変だ。

-------------------------------------------

Heterocut
ルール:
・盤面を壁で仕切りいくつかのブロックに分割する。ブロックの面積は、問題ごとに指定された範囲にする。
・同じ形のブロックは、盤面に二つ以上入らない。
・矢印で挟まれたブロックは、矢印の先にあるほうが面積が大きい。

同じ形のブロックがひとつまで、という制約が非常に強い。

-------------------------------------------

Skyscrapers
ビルディングパズル
ルール
ただし、一列に入れる数字の範囲は、問題ごとに指定されています。
数字が入らないマスもある、ということです。

不定形盤面などの奇問が魅力です。
Wikipediaにリンクを貼りましたが、一部ルールが違っていたのを見落としていたので追記しました。

-------------------------------------------

Numberlink
ナンバーリンク、アルコネ
ルール

同じ数字が3つ以上出てくることもあります。
その場合は、その数字すべてがひとつながりになるように線を引くわけです。
線が分岐してもかまわない。

-------------------------------------------

Tapa
ルール:
1.以下のルールに従って盤面のマスをぬりつぶします。
2.数字が入っているマスは黒マスにはなりません。
3.数字は、そのマスの周囲最大8マスで、連続してぬりつぶされるマスの数を表します。数字が複数入っているときは、間に少なくとも1つの白マスが入ります。
4.すべての黒マスはタテヨコにひとつながりになっていなければなりません。
5.黒マスが2×2マス以上のカタマリになってはいけません。

当ブログで過去に出題したときのルールを引っ張ってきました。

-------------------------------------------

Anglers
ルール:
・数字と魚を線でつなぐ、このとき線が通らない空きマスができないようにする。
・数字は、線が通るマスの数を表す。
・昆布のマスに線は通らない。

すべてのマスに線が通るタイプのパズルは得意なつもりなのですが、なぜかこれは苦手です。

-------------------------------------------

Domino
ルール:
・盤面を線で区切り、リストにあるドミノをすべて作る。

唯一解であることを前提にした解き方をしたほうが楽しめる(私の場合)、少し特殊なパズルです。
もちろん、普通に解いてもいいです。

-------------------------------------------

Nonogram
ののぐらむ、お絵かきロジック、イラストロジック、ピクロス
ルール

盤面のサイズが5の倍数と限らない。面倒だなあ(笑)

-------------------------------------------

Enlightenment
ルール:
・指定された照明を、盤面に配置する。照明同士は、縦横斜めに接しない。
・数字は、そのマスが何個の照明に照らされているかを表す。
・照明は三種類。
 ロウソク → 明るさ1。ロウソクを中心とした3×3の領域を照らす(言いかえれば、距離1の範囲を照らす)。
 ランタン → 明るさ2。ランタンを中心とした5×5の領域を照らす(つまり、距離2)。
 電球   → 明るさ3。電球を中心とした7×7の領域を照らす(距離3)。

美術館とはまったく別のパズルです。
解きにくい、というより、解くために必要な記号が明らかに足りていないと思う。

-------------------------------------------

Kropki
・縦横の全ての列に1からパズル面の一辺の長さまでの数を一つずつ入れる。
・隣り合う2マスに入る数字の一方がもう一方の倍の数字になっている箇所は、すべて黒丸で示されている。
・隣り合う2マスに入る数字の差が1になっている箇所は、すべて白丸で示されている。
・ただし、「1と2」が隣り合っている箇所は、黒丸か白丸のどちらが入っているかわからない。

メモ数字を使えないので、ブラウザ上で解くのは茨の道です。それはそれで面白かったけど。
中盤以降が、バタバタと決まっちゃって大味になるのが残念ですね。

-------------------------------------------

ルール翻訳終了。
新しいパズルがPuzzlePicnicに追加された場合は、part6を作って、そっちに書きます。

ルール翻訳に際し、「稲葉のパズル研究室」、「ニコリ」、「Wikipedia」、「ロジカルパズル(世界文化社刊)」、「パズラー人気定番パズル(世界文化社刊)」、「パズル脳」などを参考にさせていただきました。
いつも楽しませてもらってます。ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
勝手にリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。