スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりにしてくれ1

ひとりにしてくれのルール

「タテヨコに孤立している数字は、解き手にも作り手にもメリットが無いから、最初から白マスにしてほしい」という意見は多いですが、
そうすることによって生まれるデメリットは、意外と少なくないです。

・「見つけたときの嬉しさ」が減る
・数字を1から順番に一列に並べる、などの遊びを入れられなくなる
・解き上がりの見栄えが悪い
・次の一手が簡単に見つかりすぎる
・盤面を見た瞬間、どういう問題なのか、だいたい見当が付いてしまう
・唯一解にするためには……という邪道な解き方が、視覚的に見えるようになってしまう
・互いに区別するためだけに数字を用いていることの恰好悪さが目立つ
・作り手の中には、解答に影響を及ぼさないように数字を埋める作業が好きという人もいるかもしれない
・すべてのマスに数字があることに慣れてしまってる
・「数字は独身に限る(数独)」と「ひとりにしてくれ」は、似たような盤面であるべき



でも、すべてのマスに数字が入っているデザインは、自分も嫌い。


というわけで、最初から孤立している数字を入れずに出題します。
難易度-たいへん
ひとりにしてくれ1(カンペンで解く)
左下が遠い。


もういっちょ。
ひとりにしてくれ2(カンペンで解く)
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
勝手にリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。